上記以外にもご質問がありましたら、お気軽にご相談下さい。お待ちしております。

葬儀後のご参考になさってください。
葬儀後の知識と心得(PDFファイル)
1.返礼品の目安は?
従来のしきたりでは「半返し」といわれております。頂戴したお香典の半額くらいのお返しをするのが一般的です。このお返しの基準には特別な根拠があるわけではありませんが、現在においては広く用いられております。金額に応じて5段階くらいのお品を用意してお返しするのがよいでしょう。
2.時間がなく、名簿の整理ができない・・・。
ご安心下さい。
件数にもよりますが、お客様よりお預かりした香典帳などをもとに、1週間程度で名簿を作成致します。(お香典帳については、個人情報保護法のもと、適正かつ厳正に管理致します。)
3.お香典返しに適した商品は?
一般的にはタオル・石鹸・お茶・寝具(布団・毛布)などが多いようです。
最近では先様にお好きな商品を選んで頂く「チョイスギフト」があります。特に高額のお返しには「チョイスギフト」が大変喜ばれています。
4.いつごろお返しをするのですか?
仏式では四十九日(三十五日)・神式では五十日祭(三十日祭)を忌明けとし、挨拶状とともにお返しをします。又、キリスト教は約1ヶ月目の召天祭に 贈るのが一般的です。
5.お香典返しの準備はいつ頃から?
法要日の約2週間前位が理想ですが、件数にもよりますので、約1週間から10日位前でも大丈夫です。
6.生前中に頂いたお見舞いは?
お香典金額に上乗せして(見舞いカード)を添えてお返しされるか、別にのしを志御礼にされて(見舞カード)を添えてお返しされる場合もあります。
7.頂いた弔電についてはどうしたらよいのですか?
最近は弔電も、押花式・刺繍式・うるし塗式等で価格も約¥1,000〜¥6,000になっています。会社関係等は別にして、一般から頂いた弔電に対して、弔電礼状(ハガキ)を出されるか、相応のお品をお返しされるのがよいでしょう。
8.四十九日(三十五日)法要時に用意するものは?
法要へ出席される方への"御膳"の手配とお引物(手みやげ)としてお持ち帰りいただく"粗供養品"の手配が必要です。 "御膳"最近は、割烹・レストラン等で食事をされる方が多いようです。(1人前¥3,500〜¥7,000程度)この場合お早めのご予約をお奨めします。ご自宅の場合お寿司屋・仕出専門店等でご注文されます。(1人前¥2,000〜¥5,000程度)
9.商品発送後の未着商品(住所不明・転居・長期不在)の対応について
最後の一個まで責任をもって対応させて頂きます。未着商品(住所不明・転宅・長期不在)については、すべて当社への調査依頼の連絡が入ります。ご依頼主様へ直ちにご連絡し、新住所に再配送するか、ご依頼主様にお届けするなど迅速に対応させて頂きます。

↑ページトップへ戻る

株式会社多摩ギフト 
所持地 〒202-0015 東京都西東京市保谷町6-21-2
電話番号 042-462-3331 FAX 042-464-7775 フリーダイヤル 0120-3331-62
休業日: 月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)・お盆期間・ 年末年始